こんなにあるの!?電化製品を自作することで得られるメリット


パーツ探しが趣味になっていく

電化製品の自作と言われた時に比較的多くの人が頭に描くイメージとして挙げられるのがパソコンの製作です。自作のパソコンはパーツの組み合わせが基本となることから、まず最初にパーツを探す作業からスタートします。パズルのように頭の中でイメージをして必要な物を一つずつ揃えていく、一見すると面倒な作業に思う人もいるかもしれません。しかし、こういった探す作業も自作における魅力の一つで、いつの間にかパーツ集めが趣味になっていたというケースも多くあります。

自分で作ることで身に付けられる専門的な知識

電化製品を自作する上で技術はもちろん、その機械に関わる専門的な知識も身に付けておく必要があります。一般的にこういった専門知識の勉強はただ教科書やテキストを読むだけでは楽しさを見出すことが難しくなかなか頭に入らないのが実情です。しかし、自作であれば趣味として楽しみながら自然と知識を身につけることができます。

こういった知識は市販されている電化製品にも共通しているので、自作できない物を購入する場合の判断材料としても活用が可能です。

メーカーに頼らずに自分で修理ができるようになる

自作によって得た知識や技術は制作だけでなく修理の面でも大いに役立ちます。市販の電化製品が故障をした場合には、メーカーに修理に出すのが一般的ですが、保証期間が過ぎていると高額な費用が掛かってしまうのは否めません。

しかし、前述したように自作と市販品では構造に共通している点が多く、万が一不具合が起きた時でも原因を突き止めて自身で修理ができるので費用が一切掛かりません。この技術を活かして修理を請け負う仕事を始めることもできます。

最近のプリント基板は多層基板が多くなっています。そのため、層ごとに色分けされて表示されるCADにてプリント基板設計を行うことが多くなっています。