利用する上で知っておきたい知識!自社倉庫と委託倉庫の利点


自社倉庫を活用する利点

倉庫は、販売品などの保全を目的として価値減少を防止し、盗難等も予防します。自社倉庫の利点は、保管の時のコストが長期的に安くて済む事があげられます。これに対し委託倉庫のケースでは、他の会社の収益をプラスした保管料が求められます。その点、自社倉庫はこうした追加費用が生じないので長期的に割安です。また、自社倉庫はオンリーワンの方法により保管できます。委託倉庫は、相手方の都合に合わせる必要があり、販売品にピッタリ合う保管がしづらいといえます。裁量性がある自社倉庫のほうが向いています。自社倉庫は会社組織の資産となって、担保とすることも可能です。ですから、会社の財政的な問題がなければ、自社倉庫の活用がお勧めです。

委託倉庫を使用する利点

委託倉庫の利点は、プロに委託することで保全業務の無駄をなくすことが出来るようになります。販売品の保全にはノウハウがあります。ひとつの例として、保管のための空きスペースの配置並びに什器や人員配置等です。また、ピーク時期や閑散期などの変化にフレキシブルに対処可能です。自社倉庫は閑散期においても、経済環境が安定を失っても周期的に費やすコストは固定化されてしまう所があります。人員に関しても自分の会社で雇用するとコストの固定化によって会社の経営の圧迫に結び付くケースがあります。以上のように自社倉庫および委託倉庫それぞれ利点があります。自分の会社の目的やスケールによって決定することが望ましいといえます。

近年、ネットでの買い物が増えてきましたが、生産者から消費者への架け橋になる重要な業種、それが、物流なのです