色々あるプライバシーについて考えてみよう


プライバシーなんてなければいいのに…

自分がそっと心に秘めていることが、人に知られてしまった時ってショックじゃありませんか。プライバシーが覗かれるのは、誰も快く思いません。人に知られて困るようなことがあるなら、プライバシーの流出には十分気をつけなければいけません。そうなれば、いっそのことプライバシーなんか持ちたくない…むしろ、ありのままをさらけ出して生きたいと考える人も増えてくるのではないでしょうか。

プライバシーを持つ人の心理

決して悪いことをしているわけではないけど、やっぱり人には知られたくない事ってありますよね。答案用紙を手で隠したりするのは見られたくないからでしょうが、自分にとっても相手に対しても気持ちのいいやり方ではありません。プライバシーの侵害を恐れない人は、自信があるので動じません。どっしりと構えられてしまうと逆にこちら側がうろたえてしまうというのは、人の心理でもあります。自分のやっていることが間違いではないと自信を持って行動することもプライバシーを守る一つの方法だと言えるでしょう。

絶対に守るべきデータ

プライバシーと言っても色々あって人の気持ちや性格によって作り出されるプライバシーもあれば、個人データのような絶対的なプライバシーもあります。個人情報をオープンにするのはあくまでも本人が決めることですが、それらがシステムで管理されているデータであるならことさら注意しなければなりません。そういった情報が漏れてしまった場合、悪用されないとも限りませんし、犯罪に巻き込まれる可能性も高まってしまうからです。

機密文書とは漏洩すると関係者に不利益が生じる文書のことです。これは秘密保全の必要性に応じて極秘、秘、社外秘の3つに分類されます。保管法としては、倉庫、電子化、保存箱などが挙げられます。