タイムレコーダーなら出退勤の管理がラク!!不正打刻防止のシステムもある!!


タイムレコーダーで出退勤時間の管理が可能

会社ではそれぞれ出勤時間や退勤時間などが決められています。出勤時間から退勤時間までの時間から休憩時間を差し引いた時間が1日の勤務時間になり、退勤時間以降働いた時間は時間外になります。会社としては従業員がきちんと出勤時間や退勤時間を守っているかをチェックする必要があり、さらに時間外に勤務をしている人の時間外労働時間を計算して別途時間外手当を支払わなくてはいけません。タイムレコーダーを利用するメリットとして、個々の社員の勤務時間の管理ができるところがあります。タイムカードに時間が打刻されるので、それを集計すれば正しい給与計算が行えます。ないと自己申告などになるので、時間外労働などを正確に把握できなくなります。

タイムレコーダにもそれなりに問題がある

タイムレコーダーといえば、長らくタイムカードとセットになった仕組みが使われています。入り口などにタイムレコーダーと個々の社員のタイムカードが置いてあって、出退勤の時にそれらを押して打刻します。各社員が正しく運用すればそれなりに正しい情報が得られますが、一部不正打刻や打ち忘れなどがあるため、完全に正確な出退勤のデータが取れないのがデメリットになります。新しいタイムレコーダーの仕組みとしては、ICカードや指紋認証などを使った方法があります。また出張など通常の職場以外で出勤したり勤務を終えた時にも記録できる仕組みなどがあります。ICカードなどで読み取った情報はネットワークを通して自動的に収集され、自動集計できるものもあります。

タイムレコーダーは従業員の勤怠時刻を記録する機械で、簡単な集計機能を備えた機種もあります。これにより、従業員の管理がしやすくなります。