タクシー運転手になるには?タクシー運転手の働き方と必要な資格


タクシー運転手になるために必要な資格

タクシー運転手になるために必要となるのが運転免許証の取得です。タクシーに限らず日本ではエンジン付きの車両を運転する場合には車種に対応した免許証の取得が義務付けられています。通常の乗用車であれば普通運転免許の取得だけで問題はありませんが、乗客を乗せて運ぶタクシーの運転手は別途普通二種免許を取得しなくてはいけません。

この二種免許は21歳以上で一種免許の運転歴が3年以上が条件となっています。そのため、未成年はタクシー運転手になることはできません。

いろいろな働き方ができるタクシー運転手

通常タクシー運転手として働く場合に必要となるのがタクシー会社への入社です。タクシー業界は需要の増加に対して慢性的に不足していることから、様々な会社で求人の応募が出ています。運転手を希望する人の中には二種免許を取得していないケースも多く、会社によっては取得に必要な費用を出してくれる所も少なくありません。

タクシーの働き方には、会社に雇われるのではなく文字通り個人事業主として働く個人タクシーという選択肢もあります。ただし、個人で営業するにはタクシー運転手として10年以上経験を積まなくてはいけないので注意が必要です。

タクシー運転手の勤務時間と平均収入

車の運転は想像以上に気力、体力を必要とすることから、タクシー運転手は一般的な仕事とは働き方が異なります。1日の勤務時間は9時間ほどで、勤務は日勤と夜勤の2種類から希望のシフトを選択するのは基本です。会社が指定する勤務日数をクリアーしていれば休日は自由に取れます。

気になる収入は年齢や会社の規模によって若干違いますが、平均で300万円前後とサラリーマンの平均年収の400万円と比べて少ないのは否めません。

お年寄りが遠く離れた別荘などに車で行かれる時は、運転手派遣を使って運転手に運転を任せれば楽に目的地まで行く事ができます。