営業代行サービスとは何か?そのメリットとデメリットとは?


営業代行サービスとは?

近年はどの企業も営業パーソンの人手不足のため、新規顧客の獲得や新規販路の開拓が難しくなっています。また、人材獲得競争も激しさを増しているため、新たな営業パーソンの獲得が難しくなっている。そんな中で注目を集めているのが営業代行サービスです。営業代行サービスとは、会社の営業プロセスの全て、もしくは一部を代行するサービスです。具体的には、テレアポ、交渉や商談、アフターフォローなどの代行です。そんな営業代行サービスにもメリットとデメリットがあります。ここでは営業代行サービスのメリットとデメリットを紹介します。

営業代行サービスのメリット

営業代行サービスのメリットは主に2つあります。1つ目のメリットは「営業経費を削減できる」ことです。営業代行サービスを利用することで、営業部門の経費を変動費にすることができます。また、営業パーソンの採用や育成に関わるコストを節約することが可能となります。2つ目のメリットは「すぐに営業活動できる」ことです。営業代行サービスを利用することによりプロの営業パーソンをすぐに投入できるため、営業活動を開始するまでの時間を短縮できます。

営業代行サービスのデメリット

その一方で、営業代行サービスのデメリットもあります。最大のデメリットは「営業活動を直接管理できない」ことです。営業代行は委託業務となるため、直接指示や管理を行うことができません。また、営業活動も委託先で行われるため、情報漏洩のリスクも高まります。

メリットとデメリットを考慮して利用の検討を行うべき

このように、営業代行サービスにはメリットとデメリットが存在します。このため、営業代行サービスの利用を検討する際には、自社の状況を考慮し、メリットとデメリットを含めて検討することが必要です。

営業代行を利用するメリットは3つあります。1つめは営業経費の削減が見込めることです。2つめは教育コストをかけずにすぐに営業活動を行うことができる点です。3つめは自社の弱点を補完できることです。