タクシーの運転手に転職するメリットとは?


かなりブラック?その実態は

街でよく見かけるタクシーの運転手。転職を行う際、タクシードライバーはブラックだという噂をよくネットで耳にしますよね。実際はどのような感じなのでしょうか。今回はタクシー運転手に転職する際のメリットについて解説していこうと思います。

休日が非常に多いのがメリット

そもそもタクシードライバーがブラックな仕事だと言われている理由は勤務時間の長さにあります。タクシーは24時間営業の他の業種でよく採用されているシフト制や交代制をとっておらず、1日に20時間働く隔日勤務が基本になります。そのため、長時間働くという事に敬遠する人が多いのですが、実は隔日勤務を行う場合、勤務終了後は継続20時間以上の休憩が必要と決められているので休みが非常に多くなるのがメリットとなっています。さらに、隔日勤務以外にも普通の会社のように昼間働く昼勤や夜間に働く夜勤も用意しているタクシー会社が多く、長時間働くことができない人や夜の車の運転に自信がない人でもタクシー運転手を務めることができます。

有給休暇が取りやすい傾向にある

また、タクシー運転手は基本的に替えが利く仕事であるため、有給が取りやすい傾向があり、さらに意外と長期休暇はあまり稼げないため常務日程をうまく調整すれば連休を簡単にとることができます。また完全歩合制を取っている企業が多く、頑張って営業を行えば高収入を得ることが可能な仕事です。

このようにタクシー運転手には他の仕事とは違った様々なメリットがあり、転職するのに魅力的な仕事です。

役員運転手は単に運転が上手いだけでは務まりません。ドアの開け閉めや、丁寧な荷物の積み下ろし、車中のさりげない会話や心遣いなど、高級ホテルのフロントマンのような接客スキルが必要です。